住宅の知識を

失敗談から学ぶ快適な間取り

希望の間取りや設備が導入できるので注文住宅で家を建築したいと望む人も多いはずです。しかし注文住宅を建築する際にはより多くの知識が必要になります。更に希望の間取りといっても家族で住む場合それぞれの希望の間取りは異なりどの意見を優先させるのかどうやって間取りを一つにまとめていくのかという作業はとても大変なものです。 希望の間取りが実現できても住んでみて不具合やああしておけばよかったと感じている人も少なくありません。建築会社では過去に多くの注文住宅の施工実績があっても担当者が知識を持っていなければ失敗点が出てきてしまうことも多いのです。収納や電気配線、動線など多くの人が失敗したと感じていることを事前に知っておくことであらかじめ対策を講じることができるのです。

生活をイメージして設計する

注文住宅で家を建築して一番失敗したと感じている人が多いのが収納です。今あるものを基準に収納スペースを考えたので新しいものが増えた場合にものが入らないという人が多いのです。更に必要なところに必要な収納がなく後悔している人も多いです。玄関収納や洗面所の収納は多くても利用することがあるのです。玄関収納はベビーカーやゴルフバッグ、スキーの板など外で使うものはもちろんコートなどをかけておくスペースがあれば動線が短縮できる場合もあります。洗面所の収納は洗剤などのストックをはじめ場合によっては洋服をしまうスペースがあればこちらも動線を短縮できる場合もあります。床下収納も設置する場所を考えて設置しなければその上に冷蔵庫などの物が乗ってしまい開けられないとなってしまうのです。